積み木の家と人

収益物件で老後も安泰|安定した収入を得られる

駐車場

安定収益が望める土地活用

都内などでは車の数の割に駐車スペースが少ないため、駐車場を設置すると安定収益が見込める環境があります。駐車場としては月極めと時間貸しの2つのタイプがあり、時間貸しは専門業者がいるために便利です。また、物件として2階をテナント用とし、1階に駐車場を設置するケースも増えています。

スーツの男の人

個人でもできる宿泊業

airbnbは、専門のホテルや旅館に限らず個人の所有する住宅なども提供することができる宿泊施設紹介サービスです。新しいタイプのアパート・マンション活用法としても注目されており、専門の代行業者に一任すれば未経験者でも手軽に始められます。

アパート経営で老後は安泰

マンション

入居率のよい物件を探す

老後の生活の安定を考えてアパート経営に乗り出す中高年者が増えています。確かにアパート経営は長期にわたって安定した家賃収入を得られます。そのためには収益物件を手に入れる必要があります。収益物件というのは簡単にいうと、入居率のよいアパートのことです。そのような物件は安定した家賃収入が得られるので人気があり、なかなか確保しにくいのです。人気のある収益物件を探すためには、自分が住む基準で選ばないことが大切です。常識的には日当たりが良い部屋などを選びがちですが、実は単身者は昼間は仕事に出ていて日当たりはそれほど重視しないのです。それよりも手頃な家賃の部屋を好むのです。このように視点を実際に住む人の立場に置き換えると、意外な収益物件を見つけることができます。

視点を変えて探すのが大事

収益物件を確保する場合、利回りを考える必要があります。収益物件を購入する時にあまり高い物件を買ってしまうと、ローンの支払いに家賃収入の多くを充てることになります。こうなると利回りが悪くなって、収益率が下がります。初期投資額を抑えることが高利回りにつながるのです。これからアパート経営をする場合、今後の市場の動向を知る必要があります。一般論としては少子化によって供給過多になるといわれていますが、都市部では単身者の流入が増えているのです。しかもリッチな層とプアな層の二極化が進んでいるので、収益物件も二極化の傾向があります。高級マンションではなく、築年数が古くて家賃が安いアパートが収益物件になる可能性は大いにあるのです。

セミナー会場

不動産長期保有のセミナー

不動産投資を行うためには、まず目的を定めることが必要です。短期での売却か、あるいは長期保有なのかを自分のライフプランに合わせて選ぶことになります。その上で、そのために必要な情報を得られる不動産投資セミナーを選ぶことが大切です。