電卓と家の模型

収益物件で老後も安泰|安定した収入を得られる

安定収益が望める土地活用

駐車場

月極めや時間貸しのタイプ

都内などでは自動車の数の割に駐車場が少ない環境が継続しています。そのため、土地の活用としては、有料の駐車場を設置することが有効です。有料の駐車場を設置すると都内では駐車ニーズが高いために、安定した収益を上げることが期待できるようになります。有料の駐車場としては、月極め貸しのタイプと時間貸しのタイプの2つが存在します。月極めの駐車場は個人で運営管理を行う場合が少なくないですが、管理会社に運営を任せることも可能です。時間貸しの駐車場においては、専門の運営会社にすべてを任せることが多くなっています。自動の料金徴収システムなどの機器類は、すべて運営会社で設置をしてもらえる仕組みがあります。そのため、土地の所有者は駐車料金の一部を受け取るだけですむメリットが出てきます。

1階に駐車スペースの物件

都内などでは相続税対策として、テナントが入る物件を建設することが多くなっています。そうした物件では2階にテナントが入るスペースとして、1階には駐車場を設置するケースが出ています。1階の駐車場で安定収益を上げながら、2階のテナントの家賃収入でも利益を上げていくモデルが人気になりつつあります。2階のテナントには、喫茶店などの外食店が入ると1階の駐車場を利用しているお客が2階の喫茶店も利用してもらえる可能性が出てきます。そのため、1階と2階の相乗効果を発揮することができます。また、1階の利用客が2階の店舗も利用してもらえると、テナントが常に入居状態となることも期待できます。その結果、収益性の高い物件にすることが可能となってきます。